他の薬局に転職したいけれど

 

薬剤師の男女比率は、薬学部在学中から圧倒的に女性が多いようです。
その理由の一つとして、女性でも一般事務と違い、資格さえあれば再就職ができるというメリットがあるからです。
女性は、就職しても結婚~出産~育児という問題を避けきれません。
産休と育児休暇があるような大手の勤務先では利用可能ですが、街中の調剤薬局では、3~4人体制というところも多いものです。
調剤薬局であれば、病院が土曜日曜休みであれば、それに合わせて休日が取れるということも大事な基準となります。
女性でも務めやすい職場があるので、そういった薬局を探すと良いでしょう。
転職の問題では、独身の場合と既婚で子供がいる場合とでは、選ぶ基準も変わってきます。